洋服のお知らせ

20191129_100.jpg

コロンビアの先住民アルコア族によってつくられているバケツ型のバッグ。
原毛そのままの風合い、色を活かしたウールのバッグはアルコア族の女性が習慣に従い、自分自身の象徴として、手紬、手編みで制作しています。
織り込まれている柄は、動物や神話、哲学等を含めた宇宙論、家紋のようなものを表しているとも言われており、独特の味わい深さがあります。
シンプルな円筒型のショルダーバッグは、ざくざくと物を入れて頂ける収納力。
円い底のマチのおかげで、荷物で膨らんでも自然なかたちにおさまります。
秋冬コーディネートのプリミティヴなアクセントにぴったりのアイテムです。

WAKAMU ワカム|Mochila ショルダーバッグ

«   »