0922_1.jpg


夏の蒸し暑さがなくなって、澄んだ星がたくさん見えるようになったので
思いつきで立山の山荘へ泊まりに行ってきました。

最終の登山バスで雲をぬけると、ちょうどまんまるの夕日が雲海に沈むところでした。

この日は十五夜の2日前で、月明かりで山の頂上まではっきりと見えて、
どくどくと山の呼吸が聞こえてきそうな不思議な世界感。

月も隠れた午前4時ごろ、暗いうちから出発する登山客の方々につられてふらふらと外に出ると、
天の川まではっきり見える、満天の星空を見ることができました。
泊まらないと見られない景色を見に、たまにはお泊り目当てで山にいくのもいいものですね。

もちろんがっつり山登りもしましたよ。
まだちょっと筋肉痛です。



0922_2.jpg






«   »

ARCHIVE

pagetop

sitemap