16SS 春夏の帽子

16SS 春夏の帽子

まぶしい日差しが夏を感じさせる季節になりました。

ストローやパナマハット、、、装いに季節感を演出してくれる夏の帽子。
今では天然素材でも型崩れを気にせず携帯しやすいものや、形を手で変えられるものなど
便利さとおしゃれさが両立したアイテムもいろいろ登場しています。

今回は、入荷した帽子をスタッフが被り比べてみました。
帽子のシルエット、大きさ、素材感、かぶった角度や髪の出方、バランスなど、参考になれば幸いです。



ほの白いナチュラルカラーと黒のコントラストが爽やかなペーパーハット。ブリムの内側に配された細ラインが、被り方ひとつで表情を変えられます。

長さ11cmのブリム、白と黒のコントラストがエレガントな。mature.haの帽子はブリムを曲げたり反らせたり、自由自在に形を変えられて旅行にも重宝。



素材と同系色のグレーのリボンがさりげなく可愛い短めブリム帽。黒いペーパー素材は、季節感をさほど感じさせず、長いシーズン活躍してくれます。

長いブリムが女性らしいmature.haの帽子。柄のワンピースやTシャツとデニムと合わせたり、シンプルな着こなしのアクセント使いにもおすすめです。



ミックスブラウンとネイビー。自然なコントラストが、ナチュラルな着こなしのアクセント役に。ブリムのネイビー色は、見る人の視線を誘導して、被る人の目元をより印象的に。

小麦色の肌を思わせるミックスブラウン色。短めのブリムや同色のリボンがコーディネイトを選ばず、春夏の必携アイテムになりそう。



黄身を帯びた明るい白色の帽子は、今では貴重なパナマソウの繊維で作られる『パナマ帽』。中折れ帽のように、やや前後に楕円に伸びているので、髪を束ねる人も被りやすいかたち。

珍しいキャップのかたちをした『パナマ帽』。端正なラインと太いリボンが、夏のコーディネイトをきりりと引き締めてくれます。パーマやロングヘアーの方はサイドに髪を流してもかわいいです。



帽子作家平岡あゆみさんが作るPois Eのカンカン帽『CANOTIER』。しっかりと丈夫な厚み、適度な弾力。まさに一生ものといえる帽子です。

軽く、薄く、弾性のある素材で作られた Pois Eの帽子。ブリムも短いのでニットキャップのように、室内外を問わず被っていられる心地の良い帽子です。


chisaki(チサキ)さんのカンカン帽。甘さを抑えたリボン、被 り口の裏側にゴムひもが通っていて、見た目の素敵さと被 り心地もグッドな優れ帽子です。





>>帽子一覧はこちらからご覧いただけます

«   »

ARCHIVE

pagetop

sitemap