QUICO-kung fu shoes (カンフーシューズ)サイズ選びのポイント-

QUICO-kung fu shoes (カンフーシューズ)サイズ選びのポイント-


デザインとプロダクトを扱う東京のショップ「QUICO(キコ)」のオリジナル
『kung fu shoes (カンフーシューズ)』は、中国の伝統的な靴、カンフーシューズをベースに作られた一足。
履いていることを忘れるほどの軽さと、柔らかな足へのフィット感が魅力で、
沢山のお気に入りの声を頂いているシューズです。

ガーリーでナチュラル、カジュアルでシンプル、この不思議な空気を纏ったシューズ。
実は色々なアイテムに合わせやすい、ヘビーユースしたくなる一足なんです。
良い具合にコーディネートの力を抜いてくれる、脱力系アイテムともいえるでしょうか、
クラシックで落ち着いたコーディネートも、足元をカンフーシューズにするとどこかエスニックで
抜け感のあるスタイルが決まります。

ただ、馴染みの少ないカンフーシューズをベースにしているからか、
少しだけ普段のシューズとは違う特徴もあり、サイズ選びに迷われるお声も耳にします。

今回は、そんな『kung fu shoes (カンフーシューズ)』を安心してお買い求めいただきたく、
形の特徴とサイズ選びのポイントをご紹介します。




POINT1 直線的なはき口
ます最初の特徴は、かかとに向かってすっと伸びた直線的な履き口(トップライン)。
パンプスやスニーカーはトップラインが湾曲していますが、カンフーシューズはくるぶし部分に直接かかるような丈感です。
かかとのトップも高めで、くるぶしからかかとにかけて、やや高い位置でホールドされます。
履き口には伸縮性がなく、足を入れる段階では少し入れにくいというお声も。
ただその分履いた時にホールド感があり、スポーツ用のスニーカー様な安定した履き心地が楽しめます。

POINT2 やわらかな生地感と、少しコンパクトなつま先部分
2つ目の特徴は、少しコンパクトに作られたつま先部分。かかとがやや高めなのに対して、足の甲部分とつま先部分は
やや低めでコンパクトに作られています。
生地が柔らかく、クッション性も高いので、圧迫感はあまりありません。
履くほどに履き心地が増すような印象です。

POINT3 サイズ選びは0.5~1cmオーバーを選ぶのがお勧め!
サイズ感は表記サイズよりワンサイズほど小さ目。普段のサイズよりも0.5~1㎝上をお選びいただくのがお勧めです。
甲が高めの方や、すこし余裕をもって履きたい方は1cm上をお選びください。
また、厚手のソックスを合わせたい方も、1cm以上上を選んでもらうのが安心。

QUICO キコ|kung fu shoes 13.000~14.000yen




メッシュ素材とスポンジを貼り合わせたインソールは、履いた時に足がしっかりとフィットする立体的な設計。
取り外しができるのも便利です。(インソールの仕様は、生産時期により変更することがあります。)
また、ラバーソール(靴底)は、クッション性が高く、軽量なゴムを使用しているので、
弾むような弾力と厚みがありながらも重さを全く感じないのが魅力的。

程よいツヤを残した合成皮革は、水をはじき、多少の雨なら平気。
どんな日でもお洒落を楽しめるのが嬉しいですね。
お天気を選ばず、長時間の歩行でも疲れにくいため、旅行にもおすすめしたいアイテムです。





CDCwebstoreでは5色をご紹介。
レザーでも重い印象になりにくいため、ロングやミモレ丈のスカートと合わせると決まりきったお洒落にならず、
アクセントをプラスしたこなれた装いに。
今年注目のガウチョパンツとも相性抜群です。

光沢を抑えた、上品なツヤのある素材は、モノトーンを選べばセミフォーマルにも◎。
発色の良いブルーのカラーや、インパクトのあるカラーソックスを選んで足元を華やかに彩るのも素敵です。



ちょっと個性をプラスしたお洒落が楽しめる、QUICOのkung fu shoes (カンフーシューズ)。
サイズでお悩みの方のご参考になれば幸いです。
サイズの近いスタッフがご相談に乗ることも可能ですので、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

QUICO キコ|kung fu shoes 13.000~14.000yen

«   »

ARCHIVE

pagetop

sitemap