AIR ROOM PRODUCTS[エアルームプロダクツ]

AIR ROOM PRODUCTS[エアルームプロダクツ]

 
AIR ROOM PRODUCTS エアルームプロダクツは、日々、毎日食卓にのぼる"白いごはん"のように
背伸びせず、着られる素直なファッションを提供しているアパレルブランドです。

エアルームプロダクツといえば、千葉のシャツ専門工場による本縫い仕立てによる、シンプルで仕立ての良いシャツ、 がイメージ。

でも、実は無地やボーダーのカットソー、秋冬仕様のヤクウールを使ったスゥエット、パーカーなど、少ない数のグッドアイテムが揃っています。

今回は、スタッフが実際に着てサイズ感、着丈、着心地を試してみました。

最高級の品質を誇るスーピマコットンを贅沢に使った、小ぶりの襟元がかわいいボタンダウンシャツ。
繊維が長く柔らかいのが特徴の生地は、しなやかな質感で着心地も抜群です。
 
STAFF:I (身長152㎝) ヒップがかくれるぐらいの丈で安心感があります。裾をボトムにインして着てもよさそう。
STAFF:T (身長158㎝) 裾を出して着て、ちょうど良いぐらいの丈です。肩幅も一番小さな1サイズがベスト。
STAFF:K (身長164㎝) 腰丈ぐらいのコンパクトなサイズ感になりました。ボトムにスカートを合わせても、すっきりきれいめの着こなしができそうです。でも、ユニセックスな感じに着るのであれば、サイズ2でもいいかな。
            
 
 

オーガニックコットンを使い、古い吊り編み機でゆっくり、ふんわり織り上げた柔かな質感のボーダーT。
 
 
STAFF:I (身長152㎝) 肩幅など全体のサイズ感は1が◎。袖丈がやや長めですが、襟ぐり、袖口がしっかりしていてだらしなくはならなかったです。
STAFF:T (身長158㎝) 詰まり気味の襟ぐり、適度な厚みで透け感も気にならないので、一枚で着て丁度良い。私はサイズは1がベスト。
STAFF:K (身長164㎝) 私はサイズ2を着ました。サイズ1でもOKでしたが、身体を動かしたときやボトムにインする場合、いろいろな場面で安心の着丈はサイズ2かな。
 

AIR ROOM PRODUCTS(エアルームプロダクツ)のアイテムはこちら
 
 
 
 
 
 
 

«   »

ARCHIVE

pagetop

sitemap