ヨシタ手工業デザイン室

ヨシタ手工業デザイン室





ヨシタ手工業デザイン室は東京都小金井市にある小さなデザイン室。
柳宗理デザインシリーズのキッチンツール、耐熱ガラスボールの製品デザインを担当していた
プロダクトデザイナー吉田守孝さんが2011年に設立されました。
「手で触れ五感に感じることを大切にしたい」、「手を動かし道具や素材との対話から気づき着想したい」
そんな思いから手工業と名づけられたヨシタ手工業デザイン室。
ひとつひとつ丁寧に企画・設計されたプロダクトは、吉田さんのデザイン室の作業場で、
素材の持ち味を活かした触り心地や持ちやすさなど、細部にわたり調整され、
試作を繰り返して最終的なカタチへと昇華していきます。
現代のプロダクトにおいて「用の美」に触れることのできる秀逸なプロダクト。




デザイナーの吉田さんがセンヌキの材料を探していた時、
金属加工の伝統がある新潟県燕市で、水差しハンドル用の、断面が長楕円形なステンレス材に
出会った事から生まれたラウンドバーシリーズ。
それは丸棒を押し潰し(ロール加工)板状に成形し、握った時の感触が角断面のフラットバーとは全く異なる手になじむ柔らかいものでした。
冷たい印象になりがちなステンレス素材ですが、断面が緩やかなR形状をしているため、
驚くほどやわらかに手に馴染む感触に仕立てられています。

シンプルを極めたそのフォルムは、工具のような無骨さがありながら、どこか美術品のような美しさ。
表面は光沢を抑えたヘアライン加工が施されており、さらりとした質感は手触りも良し。
機能美を追求したデザインは、しまっておくのがもったいなくなるほどです。

いつもの食卓をより洗練された印象にしてくれる、新たな枠組みのキッチンツールは、
料理好きな方への贈り物にもおすすめです。









«   »

ARCHIVE

pagetop

sitemap