2015 春夏の帽子 / 2015 SPRING/SUMMER HAT COLLECTION

2015 春夏の帽子 / 2015 SPRING/SUMMER HAT COLLECTION

2015 春夏の帽子 / 2015 SPRING/SUMMER HAT COLLECTION

 4月は新緑の季節、日ごとに強くなる陽射しは、夏の到来を予感させます。


一般的に"麦わら帽子"と呼ばれる、天然素材の帽子たち。
通気性も良く、紫外線除けの一助となる便利なアイテムであることはもちろん、
なにより、その素材の持つ季節感が、春夏のおしゃれをより楽しませてくれます。


そんなわけで今回は、CDCwebstoreに今年入荷した帽子たちをスタッフがかぶり比べてみました。
帽子のシルエット、大きさ、素材感、かぶった角度や髪の出方、バランスなど、
良くも悪くも、参考になれば幸いです。

2015年の春夏、お気に入りの帽子が見つけて、どこへ出かけましょうか。


 
 
 
  細いブラウンのベルト付きの帽子
柔らかく適度にしなやかな強度を持ち、自由に形を変えられるので、旅行用にもおすすめ。
 
 
  ブリムの内側からちらりと見える、黒ライン。
ササ和紙を原料とした独特のカラーがさりげなく個性的です。
 
     
 
 
  くるりとカールした短めのブリムが可愛らしい帽子。柔らかで、軽やかな素材感。
ペーパー素材の少し深いベージュ色。
 
 
  no.3の帽子にスカーフを巻いたスタイル。
ふんわり広がるリボンが可憐で視線を引きます。
 
     
 
 
  綿絹のやわらかな光沢のあるスカーフは、首に巻くストールとしても使えます。タイのようにシャツに結んだりするのもおすすめ  
 
  天然素材のラフィアにワイヤーを通して海だされるゆるやかなカーブがエレガントな帽子。無造作なリボン結びも素敵  
     
 
 
  小さめのリボンがかわいい帽子。前後のブリム幅に差をつけて、陽射しが気になる前面はしっかりと日除け対策。  
 
  一見、リボンを一周させたような帽子は黒とナチュラル同素材の色違い。甘くならないデザイン。  
     
 
 
  山岳帽のようなかたちが上品でクラシカルな麦わら帽子。内側でサイズ調整が可能で、ちょこんと帽子をのっけて被っても。  
 
  カンカン帽のような、水平なブリムは、日除けと着こなしのアクセントに。黄金色の麦わら帽子が、夏らしさを感じさせます。  
     
 
 
  埼玉県の春日部市で作られた日本の麦わら帽子。お椀の蓋のように、顔周りを包むようなブリムの形が女性らしいイメージ。  
 
 

マニラ麻素材の白くて、軽やかな素材が特徴のPois Eの定番品。上品でさわやかな印象の帽子です。

 
     
 
 
  顔周りを暗くしない、短めのブリムは室内にいるときにも被りやすい形。内側でサイズ調整可能。  
 
 

極太のグログランリボンがきりりと引き締める、中折れ帽。広いブリムはやや上向きに沿っているので、明るい印象に

 
     
 

«   »

ARCHIVE

pagetop

sitemap