news














































イタリアのトラットリアやバールでは欠かせない、『saturnia(サタルニア)』のお皿。
業務用のこちらのお皿は、ぽってりとした厚みと重厚感、
そして純白とは少し違うグレーがかった色合いが特徴。
日本の繊細な食器とはまた違う、その無骨さが最大の魅力。
ざっくり切った野菜をごろごろと盛り付けたり、ゆでたパスタを豪快によそったり、
豪快な盛り付けが食欲をそそります。
少しグレーがかった色合いは、筑前煮や焼き魚など、日々の和食にも以外とお似合い。
一人暮らしから、大家族、パーティーや飲食店など、
シンプルで潔いからこそマルチに使える食器です。

大画像タイトル
画像1タイトル 画像2タイトル 画像3タイトル 画像1タイトル 画像1タイトル 画像1タイトル 画像1タイトル 画像1タイトル 画像1タイトル 画像1タイトル
>

本場イタリアのトラットリアで使用されている定番シリーズ。
ぽってりとしたリムが魅力的で、ややふちが高くなっているためちょっとした汁物を入れても安心。
素材を生かした豪快な盛り付けが似合います。

リムがごく少量の、シンプルなローマ(プレーン)シリーズ。
イタリアでも人気のこちらのシリーズは
料理を選ばず、豪快なものから繊細なお料理まで、自由な盛り付けが楽しめます。

 
LINEで送る