花を生ける器 -Flower lesson in my kitchen

カテゴリ

ARCHIVE

花を生ける器 -Flower lesson in my kitchen

家族や友人、親しい仲間の集う機会が多くなる季節です。
日頃の感謝を込めて、おもてなしの気持ちを、わずかばかり、伝えられたら、、、
なんて時に花を生けることは、一番、手近なツールのように思います。

そんな時、わざわざフラワーベースを買いに花屋さんに走らなくても、
コップや、ガラス瓶、お気に入りの食器など、身の回りを見渡せば、お花を生ける道具はたくさん。
庭を眺めれば、そこかしこに小さな花や植物たちが、生育していたりして。

『日常花』の提案している、luna's work主宰、大久保桂子さんに教えていただきました。



○使用する器

●Jonas Lindholm ジャグ(M)  ●VINTAGEコーヒー缶 ●PYREX BUTTERFLY GOLD CASSEROLE ●Old PYREX Carafe  ●TUTON Reno Tiara Mug ●VINTAGE Ballメイソンジャー  ●PUEBCO Liquid Dispenser Small/Large





Prologue
玄関のドア
Scene1
食卓
Scene2
キッチン
Scene3
廊下・床
Scene4
トイレ
Scene5
リビング
Scene6
2階の部屋
Scene7
傍らに
歓迎を伝える、一輪挿し
年末のパーティーだけど、リースもない、シクラメンもない、ツリーもない。それでも客人を喜ばせてくれる簡単な生け方をひとつ。PUEBCOの小さなリキッドディスペンサーに、可憐なラナンキュラスの花を一輪、ハート型の葉っぱがかわいいヘデラの葉をつけたら、なんとなく人みたいで愛嬌のある表情になります。


使った花材:s.ラナンキュラス さくらでまり/p.ヘデラ
 
PUEBCO[プエブコ]キッチンアイテム
カラフェを花器に、360°楽しめる食卓花

普段、飲み物をサーブするために食卓に在るOld PYPREXのカラフェ。よく見ると金色の取っ手ホルダーや、星光のようなボディの柄は意外に華やか。
赤やグリーンの花材を使ったらクリスマスにぴったりな花生けになりました。360°放射状に生けられているので、どの席に座った方も花を楽しめます。

使った花材:s.スキミア(赤)※写真は緑色です/s.ヒペリカム(エクセレントフレカ)/p.ヒムロスギ/p.エリカ(赤い花)/g.ローズマリー/g.ユーカリ(銀世界)
 
Carafe (カラフェ)一覧
真っ白い器を、爽やかなグリーンで彩る
"生活感"が出るキッチンにこそ、ちょっと変わった花屋さんのお花で特別感を演出。
白い琺瑯のようなJonas Lindholmの陶器と鮮やかなのグリーンの花の対比が新鮮な花生け。
使った花材:s.スキミア/s.シルバーブロニア/s.ビバーナムティナス/s.コンキュサーレ(バラ)/g.名前不明/s.利休草
 
Jonas Lindholm (ヨナス・リンドホルム)一覧
リキッドボトルに、一輪ずつ

大小同じ器に、一輪挿しただけのとても簡単な花生け。並んだ姿のコントラストが楽しいので、廊下や床に置くと、視線の置き場にもなります。
PUEBCO(プエブコ)のLiquid Dispenserは、円錐形のフォルムで液体がこぼれにくいので、フラワーベースとしても最適な安定感。

使った花材:g.ローズマリー/p.エリカ(白)
 
PUEBCO[プエブコ]キッチンアイテム
透明感のあるボトルとハーブの薬効で、水回りを清浄に
エルサレムセージ、チェリーセージ、ミント、バロータ。すべて西洋ハーブで組み合わせた花生け。
生命力が強く、身近で栽培できるガーデンハーブ。控えめながら、チェリーセージの小さな赤い花や、ミントやセージの芳香が豊かで、存在感があります。また、ハーブには抗菌作用があるので、トイレなどの花生けにもおすすめ。ただし、トイレの花と他の空間の花はかぶらないようにするのが暗黙のルールとか。
使った花材:g.エルサレムセージ/g.バロータ/g.ミント/g.チェリーセージ
 
オールドボトル 一覧
キャンドルの灯りと、温かみのあるキャセロールと
庭の植物だけを使った、シンプルな花生け。平たい器を使う花生けは、難しそうで簡単で見た目も新鮮。
蔓になったヘデラとヒューゲラをらせん状にくるくるあしらって、先端を器の縁から少し出してあげるだけです。
器の中央に、キャンドルを落としても素敵。寛ぎの空間に合う控えめな花生けです。
使った花材:p.ヘデラ/p..ヒューゲラ/g.ローズマリー
 
CASSEROLE一覧
アンティーク缶のグリーンブーケ
庭木をそのまま突っ込んだような、ワイルドでおおらかな花生け。男性の部屋にもおすすめの生け方。

秋色あじさいとミモザアカシアなどの花材は、水替えも結構大様に構えていられ、そのままドライにしても素敵です。お客様が帰られた後もそのままインテリアとして残しておいても。
使った花材:g.ミモザ アカシア  s.リューカデンドロン(ガルピニ) s.秋色あじさい
 
VINTAGE(パッケージ)
まっすぐで、気取らないマグカップの花
自分が気に入った花をそのままマグカップに生けて、とりあえず飾ってみるのもおすすめ。
花瓶からお花が出る割合は3分の1程度までであまり出過ぎない方がかわいらしさがでます。

いつものコーヒーを淹れるように、何も考えずに花を生けてみるとその自然さが、かえって心地よい空間を作ってくれそう。
使った花材:s.ラナンキュラス(ゆずでまり)
 
TUXTON タクストン一覧
 
ユーカリ一枝をひと縛りして輪っかを作ります。葉がしんなりしてきたら、ほどいて水につければまた元気になるし、そのままドライにしてもアンティークな雰囲気に。
古い小瓶や器に、花や葉やを入れて窓際などのコーナーに飾るだけ。小さな世界がかわいい。
 
食卓花を作る途中に切り落としてできた、小さな赤いエリカの花とヒムロスギをリボンや毛糸で結んでミニブーケに。一人一人の席に飾って、食事の後に持ち帰っていただくプチお土産にも。
 
◇花材表記のアルファベットについて◇
s...お店で買える花 p...プランターや鉢植えで栽培できる身近な植物 g...キッチンハーブなど、自宅で地植えできる植物
 

教えてくれた人 luna's work 大久保 桂子さん
富山市内の「SOL」で花屋を営む。
カフェや出張で、「花あしらいの会」を主宰。月ごとに、花生け、アロマの会、テーブルコーディネイトを加えた花生けなど、花に関する様々な提案を行っている。

華やか過ぎない、シックな花生けが素敵で年代性別問わず慕われています。


 
 

«   »

ARCHIVE

pagetop

sitemap