ボーダーとベレー帽

ボーダーとベレー帽

border_top.jpg

永遠の定番アイテム、ボーダーとベレー帽。
流行を気にせず何年先も着られるものだからこそ、"本物"を一つ持っておきたいですね。
今回はボーダーシャツでおなじみのSAINTJAMES(セントジェームス)と、
今シーズンよりお取り扱いを始めたフランスのベレー帽メーカー、
Manufacture de berets(マニファクチュール デュ ベレー)のご紹介です。



border_titlebanner_1.jpg


フランス北部ノルマンディー地方にあるSAINTJAMES市。
その町の名を冠したセントジェームス社は1889年に創設されました。
産業革命後の19世紀の半ば、それまでアトリエでの手仕事だった紡績、染糸業は、
当時のセントジェームス市長であったレオン・ルガレ氏によって工業化され、
地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。
20世紀に入ってからも事業は急成長を続け、マリンスポーツやカジュアルウェアも
生産されるようになり、ファッションアイテムとして幅広い人々に定着していきました。
2005年には「伝統を正しく継承しフランスの精神を伝達する企業」として高く評価され、
社会へ貢献した優良企業に授与されるEDC優秀賞"EDC ETHIQUE & GOUVERNANCE"を受賞するなど、
フランス経済界においても注目される存在となっています。>>セントジェームス日本オフィシャルサイト


border_titlebanner_2.jpg


春夏には1枚で主役に、秋冬はインナーとして大活躍してくれるSAINTJAMES。
興味はあってもサイズ選びでお悩みになられる方が多いようです。
そこで今回はブランドを代表する存在である"OUESSANT"で身長別のサイズ感をご紹介いたします。
ご自身の身長に近いほうをぜひ参考にしてみてください。


border_size_1.jpg

女性向けのT0(LADIES XS)、T1(LADIES XS~S)、T3(LADIES S~M)を
それぞれ身長別に着比べてみました。まずは153cmのスタッフから。

border_size_2.jpg
T0はジャストサイズの着用感。
スタッフ本人もこちらのサイズが一番しっくりきたそうです。
身幅に程よいゆとりを持たせながらも
全体的に身体のラインに沿ったきれいなシルエットです。
袖丈もちょうど良い感じ。

border_size_3.jpg
T1はT0よりも胴囲にゆとりができました。
着丈もやや長くなるので、タックインしたり
少したくし上げて腰回りにたるみを持たせるとバランスがとれます。
中にインナーを合わせてもかさばりにくいサイズ感。

border_size_4.jpg
T3は目に見えてサイズ感がぐっと大きくなりました。
全体的にゆるっとしたサイズ感で、
リラックス感のある着こなしが好きな方におすすめ。
袖口も手に被るくらいになるので、折り返しても可愛いですよ。


次は162cmのスタッフに同じものを着てもらいました。
border_size_5.jpg
T0は着丈はぴったり。胴囲には程よくゆとりがあるものの、
袖丈がやや短めに感じられます。
1枚でさらりと着るのにおすすめです。
スタッフ本人はT0は少しきついと感じたそう。

border_size_6.jpg
T1はT0に比べて全体的にゆとりができ、ジャストサイズ。
袖丈もバスクシャツの特徴である9分丈ほどの長さです。
薄手のインナーやシャツを重ねても違和感なく着用できます。

border_size_7.jpg
T3は全体的にゆるっとしたサイズ感。
腰回りももたつかず、すとんとしたシルエット。
インナーとのレイヤードもかさばりにくく幅広く楽しめます。
スタッフ本人はこちらのサイズが一番しっくりくるそう。


※またここで一つご注意していただきたいのがSAINTJAMESのお洗濯後のサイズ変化
洗濯回数や経年数にもよりますが、着丈・袖丈ともに縦に2センチ前後縮みます。
すべて先染めの糸によるジャージーのため染色時間の違いにより、
同サイズ表示のシャツでも色によって若干(1センチ前後)サイズの違い、
洗濯による縮み具合が異なる場合がございます。

border_size_11.jpg

こちらはスタッフが3年ほど前に購入して着ているものと、同じサイズの新品のものを比べたものです。
風合い変化を楽しみながら長く着たい方には1サイズ大きいものがおすすめです。
>>モデル着用アイテムはこちら



border_titlebanner_3.jpg

ベレー愛好家で自身もベレー職人のDENIS GUEDON氏が
2011年からフランスの南西部、オロロン・サント・マリーにて創業した
Manufacture de bérets(マニファクチュール デュ ベレー)。
彼は商業的で大量生産の作業に嫌気がさし、
昔ながらの製法で本物のベレーを作る為、
前職のベレー工場から離れ、オールドのマシーンを
自ら再現する事からスタートしました。
彼の作る伝統的な本物のベレー帽は多くのファンを魅了しています。
>>>>Manufacture De Beretsのアイテム一覧



おすすめの"Classique"はベーシックなバスクベレーでボリュームのあるサイズ感。
最近は女性向けにコンパクトなデザインのものが多いですが、
あえて定番のデザインにすることで周りとの差をつけられ、よりこなれた印象に。
またサイズ調整のリボン付きでユニセックスでお使いいただけます。
箱付きなので大切な方へのプレゼントにもおすすめですよ。
被ったときに前の方に生地を持ってくるとマニッシュでクラシカルな雰囲気になります。




background_1.jpg


coordinate_2.jpg
BERET:Manufacture De Berets マニファクチュールデュベレー|Classique
TOPS:SAINTJAMES セントジェームス|圧縮ウールボーダーセーターベーシック
PANTS:OLDMANS TAILOR オールドマンズテーラー|PIMA C/L WIDE PANTS
SHOES:SHOES LIKE POTTERY シューズライクポタリー|SHOES LIKE POTTERY LEATHER

coordinate_3.jpg
BERET:Manufacture De Berets マニファクチュールデュベレー|Classique
TOPS:SAINTJAMES セントジェームス|圧縮ウールボーダーセーターベーシック
ONE PIECE:NATIVE VILLAGE ネイティブヴィレッジ|No.03 Spade スタンドワンピース
SKIRT:humoresque ユーモレスク|gather skirt
SHOES:SHOES LIKE POTTERY シューズライクポタリー|SHOES LIKE POTTERY LEATHER

pagetop

sitemap