JICON-ジコン-

JICON-ジコン-

151226_3.jpg

創業350年の有田焼の老舗窯元「今村家」とデザイナー大治将典さんによリ生まれた、
磁器の新ブランド「JICON-ジコン-」が届きました。

窯元である陶悦窯「"今"村家」のつくる「"磁"器」、
そして仏教用語の「爾今(じこん)」...「今を生きる」という意味に重ねて名付けられた
ブランド名。
製品の生い立ちを大切にしながらも、今の暮らしの中に自然と馴染むものづくりにこだわる大治さんと、
確かな技術を持ちながら、時代に合わせてしなやかに変化を続ける窯元が生み出す、暮らしを美しく彩る器のブランドです。

凛とした中にも温もりのある「生成りの白」と呼ばれる色合いが、すっきりとしたフォルムの美しさを際立たせ、
磁器の表面にできる光の陰影が、日本らしい美を感じさせます。

151226_1.jpg

151226_2.JPG

機能美、佇まいの美しさの中にも、今の暮らしにあう遊び心が感じられるJICONの器。
ころころと揺れる貯金箱は、オブジェのようでありながら、どこか有機的で愛着のわく一品。
割ってコインを取り出した後は植木鉢などにしてお使いいただけます。

JICON(ジコン)の商品はこちらからご覧いただけます

151226_5.jpg

大治将典さんは、富山県高岡市で鋳物を生産する株式会社二上でも「FUTAGAMI(フタガミ)」というブランドを手掛けています。
こちらも伝統的な製法と素材を用いながら、今の暮らしにフィットするデザイン達。
象形的な形をしたナベシキやペーパーウエイトなど、使わない間も見せておきたい素敵な品が揃っています。

FUTAGAMI(フタガミ)の商品はこちらからご覧いただけます

«   »

ARCHIVE

pagetop

sitemap