QUICO展はじまりました。

QUICO展はじまりました。

ma150724_news-QUICO_2.jpg
QUICO at MaTiLDe キコ展がはじまりました。
ma150724_news-QUICO_3.jpg
綿ローンやシルクのワンピースやブラウス。QUICOのオリジナルのお洋服。

 
ma150724_news-QUICO_4.jpg
 
 
ma150724_news-QUICO_6.jpg
真鍮の小物入れ、燭台、壺、トレイの上には、地図のようなプリント綿のポーチ。
どこか旅に出かけたくなるような、エキゾチックなセレクトもQUICOらしいアイテム。
 
ma150724_news-QUICO_7.jpg
京都の職人、田中さんが作るスプーン。手に取ると、その滑らかな曲線と優しい質感がより伝わってきます。
 
ma150724_news-QUICO_8.jpg
ARABIA バレンシアシリーズの陶器たち、深く鮮やかなコバルトブルー色の絵付け。
 
ma150724_news-QUICO_10.jpg
インドより 柔らかく、丈夫なカンタ刺繍のショール。ひと針、ひと針縫われたステッチが柄により奥行きを与えてくれています。
 
ma150724_news-QUICO_11.jpg
こちらは純白のカンタショール。藍染めのトートバッグ。
 
ma150724_news-QUICO_9.jpg
パラグアイの手仕事による綿レース、エンカヘジュ。
タコ糸のような綿糸を、花や草花文様、さまざまな模様で編み連ねた、大判のものから、テーブルセンターのような小ぶりのものまで。甘くなり過ぎない、ざっくり加減の編み模様が、かえってインテリアに馴染みやすそう。

期間7月24日から8月2日まで ご来店を心よりお待ちしています。

«   »

ARCHIVE

pagetop

sitemap