薫玉堂 クンギョクドウ

薫玉堂 クンギョクドウ

z20180430_2.jpg

薫玉堂は、京都 西本願寺前において、文禄三年(1594年)の創業以来、儀式の場、また日常の中でその時代の香りを作り続けています。
薫玉堂に代々伝わる調香帳(レシピ)には長い年月をかけ熟成した香木をはじめ、漢方にも使われる植物がお香の原材料として記されています。
大地の恵みを受けて育った植物には、人を優しく癒し元気付ける力が秘められていると言われます。
調香へのこだわりを大切にしながら、現代の生活に寄り添った香りのかたちを提案しているブランドです。

薫玉堂 クンギョクドウ

«   »

ARCHIVE

pagetop

sitemap